いやぁ、よくできたカバーやわ。原曲よりも好き。
ややがちゃがちゃとうるさい印象はあるが、ラムちゃんが歌ってるようでもあるし。

歌詞もいいよねー。
うる星はいろいろ凝ってて、子供心ながらにすごく好きだったわ。


ほら、わたしの眼に あなたが映って
ほら、あなたの眼に わたしが美しい…

短く燃え尽きる夜
オトコは星屑に変わる オンナは流星になる
踊れ Dancing Star

極私的渋谷系の遺産、その4。フリッパーズ・ギター “the Quizmaster”

言わずもがなの「パーフリ」ですが…
そりゃあ「three cheers…」のほうが名曲揃ってますよ。3枚目で突然わかりにくくなりましたよ。でもこの曲は、ぼくにとっては「渋谷系の集大成」な曲なのです。正直、この後のトラットリアレーベル云々になっちゃうと、ブリッジに流れてしまいました。レーベルの意図はよくわかってたつもりだけど、コーネリアスやカヒミカリィやにはついていけませんでした。この曲で、ぼくの中で一つの「時代」が終わっちゃったのです。
あくまでも「極私的」ですので、いろいろご意見あるかもですが、ご了承ください。

まぁ小山田くんの曲の作り方には賛否両論あるでしょうが、断片をうまくつなぎ合わせてひとつのモノにするのもひとつの才能ですからね。

Feed me, Beat me, I’m a monkey.
Lead me, Cheat me, I’m a monkey…

これ聞いて、身体が動き出さないヤツは、ちょっといろいろ考え直したほうがいいと思う。
なにをどこから食べてもおいしい秀逸な演奏。特に小松亮太。

Tags: 情熱大陸

極私的吹奏楽案内 その5 東京スカパラダイスオーケストラ “Just a little bit of your soul”
思えば、これがぼくの原点です。ギムラがいないのは残念だけど、非常に質の高いパフォーマンスです。
くるくる遊ぶホーンズ、随所においしくカラむ中間リズム隊(マークと沖。沖はソロでも持ってくよねー)、キラッと光るアサちゃん、そしてそれらを下からぐいっと支える川上と青木。クリアに聞こえないのは残念ですが、相当いい仕事してますよ。
高校の頃、青木の完コピしてたのを思い出しました。「ライトでタイトなドラミング」、全部スカパラから学びました。

Tags: スカパラ

dodoitsu:

宮脇咲良



うほっ、よりによってユーフォですか、シブいなぁ。
なお、この女のコについての情報はいっさい知りません。誰なん?

dodoitsu:

宮脇咲良

うほっ、よりによってユーフォですか、シブいなぁ。 なお、この女のコについての情報はいっさい知りません。誰なん?

(alfortrichmilkから)

h0515e:

水原希子



くれぐれも申し上げますが、水原希子はあまり好きではないんです。好きではないんですが、たまにドンピシャな写真があるんです…

h0515e:

水原希子

くれぐれも申し上げますが、水原希子はあまり好きではないんです。好きではないんですが、たまにドンピシャな写真があるんです…

(元記事: asiacross.jp (alfortrichmilkから))

phorbidden:

fyeahkikomizuhara:

(x)

水原希子


全然好みじゃないのに、写真見るといちいちどきどきするのはなんでなんだろうか…

phorbidden:

fyeahkikomizuhara:

(x)

水原希子

全然好みじゃないのに、写真見るといちいちどきどきするのはなんでなんだろうか…

(alfortrichmilkから)

yoimachi:

剛力彩芽


おかしいぞ、このゴーリキー、かわいいやないか。

yoimachi:

剛力彩芽

おかしいぞ、このゴーリキー、かわいいやないか。

(alfortrichmilkから)

あー、

それにしても、恋がしたいですww

年甲斐もなく、恋がしたいですwww

極私的渋谷系の遺産、その3。Bridge “Time Swings”

カジヒデキが在籍していたことで有名なバンド。っていうか、渋谷系に興味が無いヒトには、それくらいしか説明のしようがないのかな…

「ネオアコ」は、「渋谷系」のなかの1ジャンルみたいなものだと思っていますが、まぁあまり一般受けしないジャンルです。ぼくはすごく好きなんですけどね。
ぼくのなかでは、ブリッジ以上に「ネオアコ」を体現したバンドはない。フリッパーズが途中であきらめてしまった(?!)ネオアコをもっともっと掘り下げ、メンバー全員がせいいっぱいそれを表現していた、と言っても過言ではない。音も曲もルックスも、どこからどう見ても、どこをどう切ってもネオアコ、いわば「ネオアコの金太郎飴」。
この曲は、メンバー全員の力量と個性がぎっしり詰まった曲で、これ以上「ブリッジ」を象徴する曲はない。

ネオアコ万歳!そんな曲です。